木村 幸愛ガラス作家
Glass Artist

1978年大阪府生まれ。17歳で初めて溶けたガラスに触れる。えも言われぬガラスの魅力に惹かれ、高校卒業後、小樽で修行の身となる。
作家や独立を目指すものの、厳しい職人の環境についていけず挫折し、2年で小樽を離れる。叩き込まれた宙吹きガラス制作の基礎体力を糧とし、地元大阪の教育施設でのガラス制作教室インストラクターや横浜の個人工房で経験を重ねる。
2009年、夫の故郷である小樽へともに戻り、自身の工房をオープンするため北海道最古の窯元であった元「小樽窯白勢陶園」を再活用。
7ヶ月の修繕、改装期間を経て、2010年9月に「幸愛硝子」をオープン。ペンダントやピアスをはじめとしたガラスアクセサリー、グラスやカラフェ、カップなどのグラスウェア、アロマポットやオブジェなど色鮮やかなオリジナル作品を世に送り出す。日夜1,200度で溶けた灼熱の真っ赤なガラスと格闘している。


スピーチ一覧

私がガラスにこだわる理由

2015/07/19

Back Top↑

スピーカー一覧