髙橋 政代公益社団法人NEXT VISION 理事
NEXT VISION Director

1986年、京都大学医学部卒業。1992年、京都大学大学院 医学研究科博士課程(視覚病態学)修了。
京都大学医学部助手を経て1995年にソーク研究所研究員となり、ここで網膜治療に幹細胞使用の可能性を見出す。2001年、京都大学医学部附属病院 探索医療センター開発部助教授となる。
2013年8月より滲出型加齢黄斑変性に対する自家iPS細胞を用いた臨床研究を開始し、2014年9月には第一症例めの移植を行う。
現在は、理化学研究所 多細胞システム形成研究センター 網膜再生医療研究開発プロジェクトでプロジェクトリーダーを務める。専門は網膜変性疾患・黄斑部疾患と再生医療研究、ロービジョンケア。
研究以外にも視覚障害のイメージを一新することを目的にisee!運動を開始。2014年にNEXT VISIONを設立し2016年、理事に就任。「支えられる側の人たちを、支える側の人たちに」をビジョンとして活動中。


スピーチ一覧

半径3mから創る未来

2016/07/03

Back Top↑

スピーカー一覧